メガトレンドが支えるピクテのテーマ株式運用

30年後、私たちの住む世界はどのようになっているのでしょう。

多くのロボットが働き、街を走るのは自動運転の電気自動車。
バイオ技術の進歩による遺伝子治療が普及し、新興国は大きな発展を遂げる。
そんな未来がぼんやりと見えてきたのではないでしょうか。

「メガトレンド」は未来を形作る長期トレンドであり、
ピクテのテーマ株式運用は、様々なメガトレンドの交差点で生まれます。

メガトレンドが支えるピクテのテーマ株式運用

30年後、私たちの住む世界はどのようになっているのでしょう。

多くのロボットが働き、街を走るのは自動運転の電気自動車。
バイオ技術の進歩による遺伝子治療が普及し、新興国は大きな発展を遂げる。
そんな未来がぼんやりと見えてきたのではないでしょうか。

「メガトレンド」は未来を形作る長期トレンドであり、
ピクテのテーマ株式運用は、様々なメガトレンドの交差点で生まれます。

流行は追わない。求めるべき成長はメガトレンドに。流行は追わない。求めるべき成長はメガトレンドに。

流行は1年で終わり、トレンドも5-10年程度で変化を遂げていくものです。
我々が追い求めるのは10~15年の長期にわたり世界に影響を及ぼし続けるもの、

未来を形作る「メガトレンド」です。

メガトレンドのイメージ

流行 ミクロトレンド トレンド メガトレンド 流行 ミクロトレンド トレンド メガトレンド

未来をつくる14のメガトレンド未来をつくる14のメガトレンド

メガトレンドには様々なものがありますが、ピクテはコペンハーゲン未来学研究所の助言を受け14の「メガトレンド」を策定。
それぞれが長期的な社会的需要や発展につながり、今後の世界を形作る長期トレンドです。

ピクテの策定するメガトレンド

ネットワーク経済 情報や商品の提供を供給者から直接行える、経済活動のネットワーク化の進展。
サステナビリティ(持続可能性) 将来世代の生活を侵害することなく、現在のニーズを満たす仕組み。 知識重視の社会 従来の原材料、労働力や資本同様、情報知識が経済的資源となる社会の実現。 無形化(非物質化) 物質的な商品よりも、倫理的もしくは美的といった無形の性質を重視する消費者の拡大。 民主化 政治的、経済的、そして文化的に人々がより力を持つ社会への移行。 高速化&複雑化 技術革新の加速による、プロダクト・サイクルの短期化。 技術革新 科学や情報知識が商業や産業プロセスに活用されることにより生まれるイノベーション。 経済成長 世界中で商品やサービスを生産する能力の増加によってもたらされる経済の拡大。 個別化 集団的規範により構成された社会が、選択の自由や個性の表現を重視した社会へと進化。 商業化 市場化や企業化の視点を取り入れることによる、効率性を向上させたプロセスへの進化。 グローバル化 人、資本、商品、サービス、情報、技術、そして文化のグローバルな流れの高まり。 二極化 中間を犠牲に両極が成長。 医療・健康への関心 高齢化・富の増加・技術革新により、世界中の政府や人の医療・健康への出費が拡大。 人口動態の変化 若年労働者の多い国々と、高齢化に伴う労働者層の減少がみられる国々との人口構成の格差拡大化。

メガトレンドが結びつき生まれる投資テーマ

ピクテのテーマ株式運用の投資テーマは複数のメガトレンドの交差点として生まれます。
「メガトレンドは持続的で影響力も大きい世界的な潮流であり、
メガトレンドの交差点に投資テーマを重ねることで中長期的な成長を享受する。」
それが、ピクテが世界の富裕層に提供するテーマ株式運用の投資哲学です。

投資テーマ毎のメガトレンド例

ロボティクス クリーンエネルギー バイオテック プレミアムブランド

各投資テーマの成長を捉えるために各投資テーマの成長を捉えるために

各投資テーマの成長を支えるのは、メガトレンドに基づく市場の拡大や技術革新、投資環境の変化です。
メガトレンドを捉えることが、各投資テーマの成長ドライバーを捉えることに繋がるのです。

各投資テーマに関連する成長予測

GLOBAL MEGATREND SELECTION ロボティクス 世界のロボット産業の総価値(10億米ドル) プレミアム・ブランド エマージング市場における一人当たりGDP(米ドル) クリーン・エネルギー 世界のクリーン・エネルギーへの移行 バイオテック 世界の平均余命(年)

5分で分かるメガトレンド5分で分かるメガトレンド

テーマ株式プロダクト・スペシャリスト・インタビュー

メガトレンドご紹介動画

メガトレンドに基づく注目の投資テーマ

ROBOTICS

“ロボティクス”を生みだす潮流

サステナビリティ(持続可能性)
知識重視の社会
技術革新
経済成長
人口動態の変化

生産性向上、コスト削減、そして高齢化にともなう課題解決にも役立つロボティクス。
近年ロボットは経済効率、安全性の高まりから、様々な分野のサービス業・製造業に展開されています。たとえば医療分野ではロボットが腹腔鏡手術を外科医とともに担っています。ロボットの活躍にあわせ規制環境も変化、ドローンの商業利用も徐々に始まってきています。身近なところでは、ロボット掃除機の活躍もその一例です。

ロボットで変わる日々の生活
 

CLEAN ENERGY

▼“クリーン・エネルギー”を生みだす潮流

サステナビリティ(持続可能性)
技術革新
経済成長
グローバル化
医療・健康への関心

世界的なエネルギー需要の増加、そして環境汚染問題に対し、全世界が共同で対応する必要があるとの認識が高まり、政府、民間企業、そして個人も、低(もしくはゼロ)炭素燃料への移行を支持しています。
技術的な進歩によりクリーン・エネルギーの生産コストは低下、持続可能なクリーン・エネルギーへの移行は急速に進んでいます。国際エネルギー機関(IEA)によれば、2040年までに世界の供給エネルギーの45%がクリーン・エネルギーになると予想されています。

低炭素経済に移行する世界
 

BIOTECH

▼“バイオテック”を生みだす潮流

技術革新
経済成長
医療・健康への関心
人口動態の変化

人口が増え続け、人間の寿命も延び続けている今、医療費を抑え、患者を病院から遠ざけるための新しい方法を見出す必要があります。
バイオ企業は、その生物学的プロセスを使って私たちの生活向上を目的とした医薬品、医療技術を開発することによって、このような課題を克服する極めて重要な役割を果たすことになります。

世界の医療問題 - 新たな解決策を探る

PREMIUM BRANDS

▼“プレミアム・ブランド”を生みだす潮流

無形化(非物質化)
経済成長
個別化
グローバル化
二極化
人口動態の変化

ブランド商品の需要は、もはや先進国だけに留まりません。今やプレミアム・ブランドを販売する企業の売上の40%以上を新興国市場が占めています。
また、プレミアム・ブランド企業は小売業界の中でも、消費者に幸福感、優越感などの感情をもたらすことができる商品・サービスを提供することで特別な地位にあり、世界中の裕福な顧客を引き付けています。

富裕層の購買力からもたらされるもの
 

メガトレンドに基づく投資戦略の開発プロセスメガトレンドに基づく投資戦略の開発プロセスメガトレンドに基づく投資戦略の開発プロセス

従来の投資戦略は、時価総額で構成される指数をベースに構築されます。
これは企業の過去の成功に着目したものであり、今後の成長性を重視したものではありません。
一方、メガトレンドに基づく投資戦略は、世界が劇的に変化していく中で
将来成功すると思われる企業の成長ポテンシャルに注目し構築されます。

投資戦略の構築プロセス
ピクテ&コペンハーゲン未来研究所「メガトレンド」 商品開発チーム&運用チーム「投資テーマの特定」 運用チーム&アドバイザリーボード「投資ユニバースの検証」 運用チーム「ポートフォリオ構築」

運用チームは、各投資テーマの専門知識を持った実務家と研究者からなる
アドバイザリー・ボードからの情報に基づく将来予測を、投資ユニバースに反映させます。

各分野のリーダー的実務家と研究者からなるアドバイザリーボードと運用チームの連携により将来予測を投資戦略に
「アドバイザリーボード&ピクテの運用チーム」アドバイザリーボードは、テーマの長期的な進化の可能性と、投資ユニバースへのインパクトの評価を実施。さらに新興の技術、政策、トレンドの認識のサポートなども行う。
投資戦略の構築プロセス
ピクテ&コペンハーゲン未来研究所「メガトレンド」 商品開発チーム&運用チーム「投資テーマの特定」 運用チーム&アドバイザリーボード「投資ユニバースの検証」 運用チーム「ポートフォリオ構築」
各分野のリーダー的実務家と研究者からなるアドバイザリーボードと運用チームの連携により将来予測を投資戦略に
「アドバイザリーボード&ピクテの運用チーム」アドバイザリーボードは、テーマの長期的な進化の可能性と、投資ユニバースへのインパクトの評価を実施。さらに新興の技術、政策、トレンドの認識のサポートなども行う。

運用チームは、各投資テーマの専門知識を持った実務家と研究者からなる
アドバイザリー・ボードからの情報に基づく将来予測を、投資ユニバースに反映させます。

出所:ピクテ・アセット・マネジメント
※上記は、将来の運用成果等を保証するものではありません。

当資料はピクテ・グループが作成した資料をピクテ投信投資顧問株式会社が翻訳・編集し、作成した資料です。特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではなく、また特定の銘柄および市場の推奨やその価格動向を示唆するものでもありません。運用による損益は、すべて投資者の皆さまに帰属します。当資料に記載された過去の実績は、将来の成果等を示唆あるいは保証するものではありません。当資料は信頼できると考えられる情報に基づき作成されていますが、その正確性、完全性、使用目的への適合性を保証するものではありません。当資料中に示された情報等は、作成日現在のものであり、事前の連絡なしに変更されることがあります。投資信託は預金等ではなく元本および利回りの保証はありません。投資信託は、預金や保険契約と異なり、預金保険機構・保険 契約者保護機構の保護の対象ではありません。登録金融機関でご購入いただいた投資信託は、投資者保護基金の対象とはなりません。当資料に掲載されているいかなる情報も、法務、会計、税務、経営、投資その他に係る助言を構成するものではありません。当資料は書面による事前の許可なしに、その一部または全部を複製または配布することはできません。

関連コンテンツ

社会、経済、政治など、各分野の専門家によるコラムを掲載しています

“メガトレンド”から生まれるイノベーションに投資するiTrustノーロード・シリーズ

ページトップへ