iTrust日本株式

高収益が期待できるナンバーワン企業 高収益をもたらす「4つの強み」 気になる2018年!ファンド・マネジャーのコメント

1分でわかる「iTrust日本株式」1分でわかる「iTrust日本株式」

iTrustコンセプト動画

iTrust日本株式の特色iTrust日本株式の特色

  • 1.主にわが国のナンバーワン企業の株式に投資します
  • 2.ご購入時、ご換金時の手数料はかかりません

※ファミリーファンド方式で運用を行います。
※資金動向、市況動向等によっては上記のような運用ができない場合があります。

受賞ファンドと同じ運用

モーニングスター優秀ファンド賞を2年連続で受賞した「ピクテ日本ナンバーワン・ファンド(毎月決算実績分配型)」と同じマザーファンドに投資します。

モーニングスター受賞

Morningstar Award “Fund of the Year 2015”および“Fund of the Year 2016”は過去の情報に基づくものであり、将来のパフォーマンスを保証するものではありません。また、モーニングスターが信頼できると判断したデータにより評価しましたが、その正確性、完全性等について保証するものではありません。著作権等の知的所有権その他一切の権利はモーニングスター株式会社並びにMorningstar,Inc.に帰属し、許可なく複製、転載、引用することを禁じます。当賞は国内追加型株式投資信託を選考対象として独自の定量分析、定性分析に基づき、2015年および2016年において各部門別に総合的に優秀であるとモーニングスターが判断したものです。国内株式大型部門は、2015年12月末において当該部門に属するファンド604本の中から、2016年12月末において当該部門に属するファンド617本の中から選考されました。
※「iTrust日本株式」は優秀ファンド賞を受賞した日本株式ファンドと同じマザーファンドに投資を行います。
※ピクテ日本ナンバーワン・ファンド(毎月決算実績分配型)『愛称:NO.1』が受賞

「ピクテ日本ナンバーワン・ファンド(毎月決算実績分配型)」は、iTrust日本株式とは異なるファンドです。投資対象となるマザーファンドが同じですので、ファンドの特色、リスク、税金等に関する項目は同じ内容となりますが、「ピクテ日本ナンバーワン・ファンド(毎月決算実績分配型)」の販売用手数料上限は3.16%(税抜3.0%)、信託報酬率は年1.566%(税抜1.45%)と異なり、決算日や取扱販売会社も異なります。
詳しくはピクテ投信投資顧問株式会社までお問い合わせください。

高収益が期待できるナンバーワン企業 高収益が期待できるナンバーワン企業

ナンバーワン企業はTOPIXの構成銘柄と比較しても相対的に収益力が高く、良好な企業業績を示してきました。

1株あたり利益の推移

(年次、2007年を100として指数化、期間:2007年末〜2016年末)

グラフイメージ

※ナンバーワン企業:iTrust日本株式のマザーファンドの投資対象ユニバース(2017年8月末現在)の単純平均。
※TOPIX:TOPIX構成銘柄の時価総額加重平均。なお上記のナンバーワン企業とは計算方法が異なるため、あくまでご参考としてお考えください。
出所:ブルームバーグのデータを使用しピクテ投信投資顧問作成

当ファンドの運用実績を示すものではありません。また、記載のデータは過去の実績であり、将来の運用成果等を示唆あるいは保証するものではありません。

投資対象となるナンバーワン企業とは?投資対象となるナンバーワン企業とは?

iTrust日本株式は、日本や世界で業界トップシェアを誇る企業、または今後それが期待される企業に投資します。

投資対象イメージ

※写真はイメージです。
※上記銘柄の「NO.1」とは、その分野でのトップシェア(売上高等)を意味します。
※上記銘柄は、ファンドの投資対象候補銘柄(2017年12月末日現在)の一例を紹介するものです。また、特定の銘柄の勧誘・推奨を目的としたものではなく、その価格動向を示唆するものでもありません。実際の投資対象は、これら銘柄例に限るものではなく、また投資しない場合があります。製品画像は各社ホームページの内容を参考として使用しています。
出所:各企業の資料等を使用しピクテ投信投資顧問作成

高収益をもたらす「4つの強み」 高収益をもたらす「4つの強み」

優れたブランド力、技術力、商品・サービス開発力およびマーケティング力を有し、業界トップシェアを誇る企業、または今後それが期待されるナンバーワン企業は、参入障壁、価格支配力などによる高い競争優位性を背景とした成長が期待できます。

「4つの強み」イメージ

気になる2018年!ファンド・マネジャーのコメント 気になる2018年!ファンド・マネジャーのコメント

iTrust日本株式ファンド・マネジャー鈴木 毅
  • 日本経済は緩やかながらも回復基調が続く見通しです。
  • 企業業績は過去最高益を更新、今後はその持続性と増益率に注目が集まると思われます。
  • 日本株式市場の相対的な割安感は変わらないとみています。
  • “稼ぐ力”を向上させた個別企業の成長性は、注目に値するものと考えます。

※2018年1月20日現在
※将来の市場環境の変動等により、記載の内容が変更される場合があります。

「グローバル視点」で運用-ロンドンと東京で協働-

iTrust日本株式は、ロンドンと東京の運用チームがその他の海外拠点からの情報も活用しながらグローバルな視点で銘柄を厳選します。
魅力的な大型株式から中小型株式にまで幅広く投資することで、収益の獲得を目指します。

ピクテの日本株式運用イメージ

※上記はあくまでもイメージ図です。

iTrust日本株式の投資プロセス

運用プロセスのイメージ

※上記は、2017年12月末日現在のものであり、今後変更される場合があります。

販売会社

  • SBI証券
  • マネックス証券
  • カブドットコム証券
  • 楽天証券
  • ソニー銀行
  • 松井証券
  • 岡三オンライン証券
  • GMOクリック証券
  • 西日本シティTT証券株式会社
  • フィデリティ証券株式会社
  • 株式会社伊予銀行
  •  四国アライアンス証券株式会社

iTrustシリーズ

iTrustノーロードは、購入時手数料なしで「イノベーション」を投資テーマとしたファンドのラインアップをご提供します。

ページトップへ