iTrustバイオ

パフォーマンス 投資対象 成長力

ファンドの特色

  1. 主に世界のバイオ医薬品関連企業の株式に投資します
  2. ご購入時、ご換金時の手数料はかかりません

※ファミリーファンド方式で運用を行います。
※実質組入外貨建資産は、原則として為替ヘッジを行いません。
※資金動向、市況動向などによっては、上記のような運用ができない場合があります。

ここに注目!バイオ医薬品の強みここに注目!バイオ医薬品の強み

グラフイメージグラフイメージ グラフイメージグラフイメージ
バイオ医薬品関連企業、米国の大手医薬品企業と世界株式の株価推移

(月次、円換算、期間:2008年1月末~2018年1月末)

グラフイメージ グラフイメージグラフイメージ

※バイオ医薬品関連企業:ナスダック・バイオテック指数、米国の大手医薬品企業:S&P500医薬品指数、世界株式:MSCI世界株価指数(全て配当込み)
出所:ブルームバーグのデータを使用しピクテ投信投資顧問作成

上記はファンドの運用実績を示すものではありません。また、データは過去の実績であり将来の運用成果等を示唆あるいは保証するものではありません。

人生100年時代へ。高齢化による市場拡大人生100年時代へ。高齢化による市場拡大

増加する年間がん新患者数

(世界で1年間にがんにかかった人の数)
2008年、2030年(予想)

グラフイメージ

出所:WHO「Global Status Report on ND」のデータを使用しピクテ投信投資顧問作成

バイオ医薬品関連企業と米国の大手医薬品企業の売上高推移

(米ドルベース、年次、期間:2001年~2017年(実績)、2018年~2020年(予想))

グラフイメージ

※バイオ医薬品関連企業:ナスダック・バイオテック指数構成銘柄、米国の大手医薬品企業:S&P500医薬品指数構成銘柄
※1銘柄あたり売上高のデータを使用し試算
※予想は2018年1月8日現在、ブルームバーグ集計アナリスト予想平均
出所:ブルームバーグのデータを使用しピクテ投信投資顧問作成

上記はファンドの運用実績を示すものではありません。また、データは過去の実績であり将来の運用成果等を示唆あるいは保証するものではありません。

人生100年時代へ。高齢化による市場拡大

遺伝子と関連があると判明した希少疾患と既に承認された希少疾患治療薬の数の推移

(年次、累計、期間:2010年~2014年)

グラフイメージ

出所:ピクテ・アセット・マネジメント、FDAのデータを使用してピクテ投信投資顧問作成

記載されている個別の銘柄・企業については、あくまでも参考として紹介したものであり、その銘柄・企業の売買を推奨するものではありません。また、データは過去の実績であり、 将来の運用成果等を示唆あるいは保証するものではありません。

2017年のM&A事例

カイト・ファーマ(米国)

画期的ながん治療法、CAR-T(キメラ抗原受容体T細胞)療法で先行するカイト・ファーマを、がん分野の強化を図るバイオ医薬品大手ギリアド・サイエンシズ(米国)が買収。

カイト・ファーマの株価推移

(ドルベース、日次、期間:2017年1月4日~2017年10月2日)

  • 出所:ブルームバーグのデータを使用しピクテ投信投資顧問作成

販売会社販売会社

  • SBI証券
  • 静岡銀行
  • マネックス証券
  • カブドットコム証券
  • 楽天証券
  • 東洋証券
  • ソニー銀行
  • 松井証券
  • 岡三オンライン証券
  • GMOクリック証券
  • FFG証券株式会社
  • 西日本シティTT証券株式会社
  • フィデリティ証券株式会社
  • 株式会社伊予銀行
  •  四国アライアンス証券株式会社

iTrustシリーズ

iTrustノーロードは、購入時手数料なしで「イノベーション」を投資テーマとしたファンドのラインアップをご提供します。

ページトップへ